So-net無料ブログ作成

伊勢 志摩 鳥羽 紀伊半島ドライブ [go for a ride]

伊勢神宮のおはらい町通り(おかげ横丁)を抜けて、街路灯が途絶えた県道12号線へとB3を走らせました。



DSC_00.jpg


五十鈴川と並走し、剣峠が近づくに従って、幅員は狭まり、転石が増えていきます。
闇夜に放った純正キセノン・ライトを頼りに進んで行くと、崖側のコーナーをガードレール代わりに、土嚢袋が積まれていました。
そんな狭隘っぷり炸裂の伊勢路を右に左にステアリングを操舵し、九十九折り区間を駆け登って行きました。


2車線になったり中央のラインが消えて、細街路と化したりするのを繰り返しながら、横輪南勢線(県道720号線)に折れたB3を鍛冶屋峠に向けて走ります。
山肌に沿った崖っぷちのコーナーにガードレールが無いなど(汗)、相変わらずの狭隘っぷりを発揮するルート。
そんな急峻で深い谷が連続するのが、紀伊半島の山道だと思います。
人工林(ほとんどがスギ)で眺望はおろか、ブラインドコーナーの先も読みづらいルートが点在していますが、それはそれでいとおかし(笑)。


DSC_.jpg


サニーロードを走り、伊勢路川に沿って県道719号を下って、県道721号線へと折れました。
急勾配ではありませんが、海をバックに海抜0メートルから260メートルを駆け登って行きます。
鴻坂峠を越える頃には、うっすらと夜が明けてきました。
正確な時間差は知ったこったありませんが、夜明けの時間はやっぱり関東より遅めなんですねぇ。



DSC_02.jpg



紀伊南島(県道22号)線を経て、県道151線へ。
完全2車線で始まりますが、山間深くなるにつれて案の定、幅員は狭まるばかりです(笑)。
時刻はすでに朝を迎えていましたが、覆われる背高いスギの木々の影響で、ヘッドライトを消灯できましぇん。
そして、県道46号(南島大宮大台)線へと舵を切り、藤坂峠へヒュイゴー!

明るくなるにつれて、周囲の状況が見えてきたと云う事もこともありますが、改めて幅員の狭さに夥しい転籍を前にして、オーマイ・グッネス。
コンクリートなどで固められていない、法面は岩や土壁が剥き出ていて、切通しの区間ではバランスが崩れませんように、とお祈りしながら通過して行くのでありました(笑)。



DSC_0007.jpgDSC_0002.jpg



海にでた、B3 S は国道260号線をメインに、シーサイドクルージング。
荒れた山道から、綺麗なアスファルトを走行すれば、乗り心地は抜群に心地良く感じられます。やっぱり(笑)。
リアス式海岸を形成する、志摩半島のシーサイド・ラインは、そんじょそこいらの山道を走るよりか、遥かにワインディングしており、エンジン開放して気持ち良く走ることができました。

志摩の町並みを過ぎたら、パールロード奥志摩ラインへと舵を切ります。
志摩スペイン村を過ぎて、的矢湾大橋を渡ると、パールロード・シーサイドライン。
高台へと勾配を駆け上がって行くと、最高なロケーションが拡がりました。
チョベリグ~!



DSC_0010.jpgDSC_0012.jpgDSC_0015.jpg



鳥羽に入ると、ジェシカには「牡蛎」・「牡蠣」・「カキ」・「かき」の幟旗。
この際、アンジェリカでも良いのですが。
エニウェイ。入り組んだ湾では、養殖場も点在しており、とれたてを焼いて喰わしてくれるようでしたので、とある店に立ち寄って、軒先でたべてみました。



DSC_0017.jpgDSC_0020.jpgDSC_0021.jpgDSC_0026.jpg



鳥羽市街に到着する頃には、交通量も増えてきたので、ちょっとお高い有料道路の、伊勢志摩スカラインへと舵を切りました。
閑散とした交通量で、カネ払っただけのことはありましたが、伊勢市と結ぶ道路は他にもありますから、地元の方達はマズ使わないんでしょうね(笑)。
観光客丸出しの私は教科書とおりに(笑)、朝熊山頂展望台に立ち寄って、春を待つ二見浦の海原眺望を満喫してから帰京しました。


DSC_0033.jpg伊勢志摩C.jpg



走行距離:925.0km
平均速度:68.6km/h
平均燃費:9.9km/L

でした!




nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 6

amataro

こんにちはー ご無沙汰しております

このエリア、ずっと行ってみたいと思っている所です
景色もご飯も道も良さそうですね

もう少し暖かくなったら予定してみようと思ってます
by amataro (2014-03-23 11:01) 

ポンツ

こんにちわ~

海のドライブがとってもniceです(*^ー゚)b
お伊勢参りのときに、すごい行列にならんで、おかげ横丁の赤福餅買ったことありました。(。´-д-)ハァハァ
by ポンツ (2014-03-23 19:05) 

ball

amataroさん、お久しぶりです。

関西に在住していた頃、紀伊半島によく走りに行っていたのですが、その中でも三重県のリアス海岸の眺望は本当に素晴らしいんですよねぇ。
ちなみに鈴鹿や亀山、関の辺りでは雪が路傍に多少残っていましたけど、路面はドライでサマータイヤで十分走れると思います。

amataroさんも是非訪れてみてくださいね!

by ball (2014-03-24 00:03) 

ball

ポンツさん、こんにちは。

赤福餅はメディアでも取り上げられる、伊勢名物の一つですよね。
パワースポットと取り沙汰された事もあってか、休日の日中はもちろん早朝でさえ闊歩している人が多いので、今回私は夜明け前に通過しましたよ。
しかし、あの列に並らばれるとは・・・・おつかれさまです(笑)。

by ball (2014-03-24 00:19) 

zdm1929

こんにちは
お!牡蠣!!(羨)
実はワタシも3/14~15伊勢神宮に行きまして。と言っても車はダイハツ・ムーヴ、レンタカーであります(^^; 道中深夜の箱根は大雪でビビリました(汗)
行く度に思うのですが、紀伊半島ってかなりデカイんですね。つい伊豆半島くらいの感覚で行くので毎回エライ目に遭います(涙)
by zdm1929 (2014-03-24 14:35) 

ball

zdm1929さん、こんにちは。

先日ファミレスで伺った(笑)、話ですね!
今年も慣行されましたか。
気心知れた仲間との旅は、さぞ楽しかったことでしょう。

紀伊半島の海沿いを走りきると、一日がかりでケッコウな走行距離になりますよ(笑)。
関西を拠点にしていた頃でさえ、毎回エリアを絞って走りに行っていましたからねぇ。
関東から東尋坊に立ち寄って行けば、二日は必要なんじゃないでしょうか。
いやべつに、経由する必要は全くないんですけどね(汗)。

by ball (2014-03-26 00:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。