So-net無料ブログ作成

ルノー・ラグナ → ロータス・エリーゼ [around my B3 S]

せせらぎ街道で紅葉でも愛でつつなドライブを愉しんで名古屋入り。
前日からアプローチ・ルートを思案しながらの洗車に精を出し、一眠りしたらさぁ出発!


のハズだったのが、眠りから覚めたのは日付変わったAM10:00(汗)。
木曽路ルートはおろか、渋滞真っ只中の東名高速を使っても正午に愛知入りは絶望的。
誠に無念且つ大変申し訳ないことに、この時点でラグナは諦めざるを得ませんでした(涙)。

中途半端な時刻に朝飯を喰らい、大きく修正を強いられた休日のこの危機を脱しようと、とりあえずB3Sのドライバーズシートに身を沈めてEVA Titerさんにアクセスしてみると、風の音と共に楽しげな声がデジタル波に乗っかって耳に届きます。
なんでもつかぼんさんのジネッタG4を運転させてもらっているとのこと。
ご相伴に預かるべく、宮ヶ瀬へと赴きました。
DVC00001.jpgDVC00027.jpgDVC00005.jpg EVAさんの御厚意で、アイソトープグリーンのロータス・エリーゼに同乗させていただいた。
搭乗の仕方からシートベルトの装着作法に至る迄、レクチャーを仰ぎながらもなんとかナビシートへ収まり繰り出した。
E46 ALPINA B3S とおよそ300mmもアイポイントは低く、ローアングルな視界は真に新世界と云った面持ちで、通天閣のそれとはワケが違う(意味不明)。
耳元に届くエグゾースト・ノートをサウンドに風と戯れながら、スケールに収まるタコメーターが跳ね上げるブリッピング時のピッキングの鋭さ・・・それはまるでバイクのよう。
遥かに想像を上回る乗り心地の良さにも驚いた。
ドライカーボン剥き出しなシートを換装させており、荒れ気味の宮ヶ瀬の田舎道でダンピングこそ訴えてくるものの、しっかりとホールドされて身構える必要なく終始リラックス。これならママもOKさ(by トライデントシュガーレスガム) DVC00026.jpgDVC00006.jpg 更なる御厚意でなんと、ハンドルも握らせていただけることに(勃)。
人様のクルマですから、もちろんアイドリングスタート。
ストッパーを配してショート化している私のB3Sのクラッチペダル・システムよりも更に短いストロークで、且つミートポイントは深め。
ギアを入れクラッチを繋いだ瞬間から「スッ」と違和感なく発進するのは、アルミフレーム&FRPで織り成すエリーゼの車重が車検証上で900kgフラットと云う軽量ボディに起因する。(この個体は更に軽量化されている)
8000rpmまでエンジンを回す迄もなく5~6000/rpmで十二分官能的に味わえるミッドシップに搭載されたエンジンフィール。
ノンパワーアシストの小径ステアリングから伝わるロードインフォメーションとダイレクトな操蛇感。
ごくごく軽い踏力で「ググッ」と効かせるBMWのブレーキ感覚でブレーキ・ペダルに足を添えると、思ったより減速せず一瞬焦った(汗)。
これは決して甘いのではなく、踏んだ量だけ効かせるリニアな演出仕立てだった。
エンゲージするシフトフィールも超絶ウルトラスムーズで、B3Sが搭載するゲトラグ製タイプ226のゴリゴリ感とは無縁。
これだけライトウェイトなつるしの状態から更に軽量化を図り、エンジン/ミッションなどを降ろして思い通りに組み直していると聞きますから、とりわけスペシャルな個体なのでしょうけど、切れば切っただけ、踏めば踏んだだけダイレクトに応えが返ってくるレスポンスの秀逸さは正にライトウェイトスポーツならでは。
何より膝を伸ばした着座姿勢で運転できるのですから、運転する愉しさ倍増なのは言うまでもありません。

そもそもセダンベースで設計されたものをクーペスタイルに仕立てて空力を稼いだり、トレッドを拡げサスを締め上げるなど、後付け的にいくらスポーツマインドを注ぎ込もうが、こうはいかないであろう。
つっても、そもそも産まれの違う次元の異なるクルマを「あえて」比べるナンセンスな話であって、BMW&ALPINAのドライブフィールが好きだからこそ乗り続けているし、今後もそれは不変であるに違いない。
無い物ねだりの言葉どおり、私がエリーゼを所有していたら逆にBMW&ALPINAを賞賛する事項が幾らでも挙げられるであろうことも容易に想像できる。

チンタラ転がす(と言っても、緊張気味)私に、「限界高いからもっと突っ込んで曲がっても大丈夫。」と促されるも、流す程度の速度で十二分に楽しませてもらっていました。
好みの問題なれど、巷で聞くエンジンスペックがどうとかアレに比べて速い/遅いなどとの机上の限界話しに乗っかる思考ロジックのあざとさを改めて痛感したした次第。
にしても、走りの「奥深さ」を垣間見るに大変貴重な経験をさせていただきました。
DVC00028.jpg
DVC00029.jpg カジュアルに昼食を摂って、さいとぅーさんの先導で移動。
隠れ家的・・・・(つっても通りには幟棒が立っているが)な古民家風の「仏果堂」からは、遠く東京スカイツリーも望めるんだとか。
写真のような場所にて円卓をワサワサとオッサン共で取り囲んで食後の珈琲ブレイク(苦笑)。
幌型の車群に箱車のジャーマンカーが紛れ込むに違和感ありまくりでしたが、ブリティッシュワールドをたっぷりと堪能し災い転じて福と成った休日でした。
ご一緒したみなさん、ありがとうございました!

走行距離:70.2km     平均速度:42.4km/h     平均燃費:9.8km/L     でした。
nice!(12)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 16

トッピー

これはスゴイオフ会ですね!
こんなにエリーゼが集まっていると迫力がありますし
運転できたっていうのもうらやましいです!
by トッピー (2011-10-11 20:28) 

ball

トッピーさん、こんばんは。

申し開きなく大寝坊とは恥ずかしい限りです。
楽しみにしていたんですけどね...

エリーゼのドライブフィールにはえらく衝撃を受けましたよ。
試乗レベルで記述するにはおこがましいにも程があるのですが、数少ない私の「引き出し」が増えたことは確かです。
ま、実際には中身が伴わないところが残念なんですけどね(汗)。

by ball (2011-10-11 23:11) 

キャラハン

何だかいろんな世界が広がってますね。。(^-^*)
最近エリーゼはよく見かけるようになりましたね。。。
こんなのセカンドカーで乗れたら楽しいだろうなぁ♪
何て言ってるとまたレ〇リーさんが何か言うな。。。(^w^;)

by キャラハン (2011-10-12 08:50) 

レイリー

いやいや凄い!!
ロータスはスペックじゃないんですよね。
まずはボディありき、足回りありきの気持ちの良いエンジン。
スペックではなく走りの本質を追求してますよね!
しかしながらその辺りはBMW系も一緒。
完璧なスポーツに振るか、気持ち良く走れるセダンやクーペ。
車の本質を損なうことなくどちらも私は良いな~
エリーゼ系は欲しいです! 宝くじでも当らないと無理ですが。。。

ちなみにキャ○ハンさんは最近フェラーリ599XX(スクーデリアイタリア特注)を遊びで入手、ランボルギーニ・アヴェンタドールを納車待ち。
メインカーはアイバッハに乗っていて、自家用ジェットも豪華クルーザーなども所有している。。。。らしい (w
by レイリー (2011-10-12 10:22) 

EVA Titer

お疲れさまでした〜

いや〜しっかりしたレビューを書いていただいてありがとうございます。何度も読み返して悦には入ってしまいました。

ロータス、BMWとは違った魅力がありますが、通じるものは一緒だと思います。BMWは普段遣いで走りのプレジャーを味わえる高次元のバランスだと思います。方やロータスは走りメインで普段でも一応使えます的なぎりぎりの線ですね。自分的には今の2台体制は気に入っています。

オフ会、ツーリングなど今後ともよろしく願いします。

by EVA Titer (2011-10-12 11:44) 

shiba☆Z4M

これは・・・
ホント楽しそうなオフ会ですね^^)
エリーゼ。本物のライトウエイトスポーツ!
乗ったこと無いですが・・・
ホントにノーズはスバっと!加速はバーンと!ブレーキはキュっと!
超タイトなんでしょうね~^^)
by shiba☆Z4M (2011-10-12 16:29) 

EVA Titer

以前、ProjectXでMADを作ったので見てみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=VbkikFZNze4

by EVA Titer (2011-10-12 22:01) 

Makorin(^_^)v

いいなぁ・・・・ここは試乗にもってこいのところだし・・・
っていうかBallさんもう一台増車しちゃうとか・・・・wwww
by Makorin(^_^)v (2011-10-13 06:31) 

ball

キャラハンさん、こんにちは。

通勤からスーパーへの買い物まで、エリーゼ1台で全て賄っていらっしゃる方も居てるようですよ。
「道志みち」ですれ違うエリーゼを見掛ける事が度々あるのですが、なかなか街中では遭遇しないんですよね。
って、街中に私が寄り付かないだけか(汗)。
ちなみにアルピナよりもはるかに多くの台数が世に出回っているかと思います。

セカンド!?
またまたお戯れを。
クルマやレンズと何かにつけて私物化しちゃあ、スグ飽きて捨てまくるキャラハンさん。
はたして愛人は何号所有されているのか、じぃ~くりと伺いところです(笑)。

by ball (2011-10-13 18:35) 

ball

レイリーさん、こんにちは。

仰るとおり、両メーカーのクルマに限らずそれぞれの個性があるとも思っています。
固定概念から未知なる経験を積むことによっての幅は広がりますが、知らないままの方がかえって幸せっつう考え方もありますよね。
人それぞれは言わずもがなですが、私的には大いに衝撃を受けヤラレましたよ。
クルマ感の今後の糧にしたいと思っています。
ウブも良いけど、経験豊富もこれまたタマラナイ!って、とこでしょうか。(←いや、ちがう。・・・って、何の話だ?)
ちなみに宝くじは過去5~6回、一回につき連番20バラ30枚位の購入で3,000円の当たりが二回ありました。
微、びみょ~

えぇ、キャラ「ハ」ンさんの豪遊っぷりは存じております。
自家用ジェットって、F14 トムキャットのことだそうですね。
発売したての中古車がタマに市場へ出回りますが、キャラ『ハ』ンさんが飽きて手放したブツが大半を占めている。

らしい(笑)?。

by ball (2011-10-13 18:36) 

ball

EVA Titerさん、お疲れ様でした。

興奮冷めやらぬ内の殴り書き故、意図を汲み取ってくださって恐縮です。
ま、冷静になったところでマトモに書けるのか、甚だ疑問ではありますけどね(汗)。
BM系一辺倒な固定概念から新世界へと大変貴重な経験をさせていただいて、真にありがとうございました。
何もかもが手応えありまくりで、とても衝撃的な体験でしたよ。

羨ましくも素晴らしい二台体制ですよねぇ(涎)。
走り込まれたE46 M3からのチョイスだけに、説得力を殊更感じ受けます。

こちらこそ願ってもないです。今後とも機会を設けてご一緒させてくださいね!

by ball (2011-10-13 23:02) 

ball

shiba☆Z4Mさん、こんにちは。

国道413号(道志みち)ですれ違うこともしばしば、まして宮ヶ瀬のパーキングはずっと以前から私の立ち寄りポイントで、ロータスなクルマは良くお見かけしていました。
未だにどなたがどのクルマのオーナーさんか把握しきれておりませんが(汗)、クルマ同士はスデに出会っている可能性大なのです。
試乗レベル、しかも人様のクルマでスバっ/バーン/キュっ(笑)を敢行するには無理がありますが、慣らし終えて御身のクルマでスバっ/バーン/キュっとやれるようになると良いですね!

「走り」がお好きであれば、想像で終わらせずリアルにご経験されるのも一興かと思います。
視野が広がるコトきっと間違いなしですよ!

by ball (2011-10-13 23:02) 

ball

EVA Titerさん、こんにちは。

こんなセンスもお持ちでしたとは(笑)。
URLリンクで飽き足らず、まんま観賞できるようにUPさせていただきました。
「Real Tokyo R246」も良いですねぇ。
都会と田舎で風景がまるで違いますが、動画を拝見するたびにアノ感動を呼び戻せそうです。
ありがとうございます!

by ball (2011-10-13 23:08) 

ball

Makorinさん、おはようございます。

なんだか観光地として認知されつつあるようで、休日になると混みつつあるんですよねぇ。
しかも有料駐車場の方が。何も無いのに(笑)。

おいそれと増車できたら、そのあしでディーラーに向かってますって(苦笑)。
ちなみに以前

http://alpina-b3s.blog.so-net.ne.jp/2011-08-28

Makorinさんも乗られた「ジネッタG4」ネタですが、セキュリティーにおいてステアリングを取外して簡単に持ち運べるようにしてあるんですね。
オーナーさんがおよんでいた行為を目の当たりにしてビックリ仰天でした。
イグニッションも室外のボディ(フロントフェンダー辺り)に付いてるし・・・・
ほんまに謎めいたクルマですよね。

by ball (2011-10-13 23:08) 

amataro

こんにちはー

いやはや、まるで英国のサーキットのような(って行ったことありませんが
)様相ですね

エリーゼはやっぱりライトウェイトの典型な動きなんでしょうねぇ
一度乗ってみたい車ではありますが、私の場合2台は難しいので、EVAさんが羨ましいです

宮ケ瀬、楽しそうですね!
by amataro (2011-10-15 12:34) 

ball

amataroさん、こんにちは。

試乗レベルで軽口を叩くにも程が大有りかと思いますが(汗)、何にでも代えがたい軽快感たるや凄まじいもんがありましたよ。
エリーゼ&BMWと二台体制のEVAさんが羨ましくも、異なる趣の発する言葉一つ一つに説得力を感じています。
いやぁ、また乗りたいですねぇ、エリーゼ。

機会作って、amataroさんも是非宮ヶ瀬でもご一緒しましょう。
その時はよろしくどうぞ!

by ball (2011-10-17 14:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。